CROSS TALK

主任 ✕ 本部

Theme 01.

中山

私たち店舗スタッフはホール業務が中心になります。 現場でのお客様対応からトラブルに関する報告とその処理といったところです。

長谷部

昇進すると育成も任されますよね?

中山

そうですね。人材育成と金銭管理が担当領域としては昇進に連れて任されていく部分になります。 ホール業務を通じて、各社員に都度アドバイスをしたり、時には相談にのったりして育成にも携わることができるのが私たちの仕事の特徴であり、やりがいになっています。 本部の仕事は一言でいうとどうなるんでしょう?

長谷部

簡単にいうと、各店舗のバックアップですね。 店舗の皆さんがお客様に直接、対応される中で私たちはバトンを渡していると言えるかもしれません。

中山

なるほど、バトンですか。 確かにそうですね。

長谷部

はい。私たち本部のスタッフが大切にしているのは、店舗スタッフの皆さん同様、現場主義であることです。 「お客様に最高のものを提供すること」を共通認識としてサポートさせていただいています。

Theme 02.

中山

ひとつひとつの仕事に関しては、私の場合は毎日の業務の積み重ねでできるようになっていったので特に難しかったことと言われると思い浮かばないかもしれません。

長谷部

さすがですね。注意を払うのはやはり育成ですか?

中山

そうですね。昇進するにつれて人を教える立場になるので、その時は大変だなと思いましたね。

長谷部

教える、ということに関してもすぐにコツはつかめたのでしょうか?

中山

それが、当時は教えるのが苦手でとても苦労しました。 私の場合、教えるというよりは、自分の動きをみて学んでもらい、 自分から動いてもらうことを意識していました。

長谷部

なるほど。言葉で伝えるのはなかなか難しいですよね。

中山

そうなんです。 育成の場を通じて、言われて学ぶこともあれば、周りの動きをみて学ぶこともある、ということに気づけたことは私にとって貴重な経験です。 長谷部課長も教える立場になった時には苦労されたんじゃないですか?

長谷部

その通りです。 部下を持たせていただくようになった時は、コミュニケーションの部分で悩むことも多かったです。 ただ、そのころの悩みだったりちょっとした成功体験が非常に勉強になりました。

中山

そうですよね。その他、業務面ではいかがでしたか?

長谷部

そうですね。仕事を覚えるために意識していたのはこまめにメモを取ることです。 新しい業務に触れる際には、先輩からの説明を漏れなくメモして、体得していきました。 私の場合、様々な役職、職級を経験してきたので、ポジションが変わるたびにメモが私を助けてくれました。

Theme 03.

中山

私たちの強み、特徴の1つに接遇があります。 そのため、接客時の表情だったり、言葉遣いには自信があります。

長谷部

そうですね。お客様からも社員の笑顔が良い、とお言葉をいただけるのは自慢ですよね。

中山

はい。お客様との会話のキャッチボールを店舗スタッフは大切にしています。 表情や言葉遣いといったところは今では無意識の間にできるレベルまで高められていると自負しています。 もちろん、さらに良いサービスを提供するためにこれからも努力していきます。

長谷部

中山主任が言われたようなお客様への接遇のほかに、新富商事ではチームメイトとのコミュニケーション能力を重視して、組織編制を行います。 そういった意味でも、身につくスキルは”人格”といえます。

中山

そうですね。昇格も試験で決めるわけではありませんし。

長谷部

はい。私たちの行動指針にもなっていますが「正しい考え方をもつ」といったところで”常に謙虚で素直な心で”前向きに取り組むことで人間的に成長できていると思います。

Theme 04.

中山

私が大切にしているのは仕事への取り組み方です。 とにかく、楽しく仕事をしたいと思っているので、自分が先頭に立って声を出して、明るい雰囲気を作ることを心がけています。

長谷部

なるほど。中山主任を筆頭に、仕事に対して真っ直ぐな方が多いのは私たちの強みかもしれませんね。 もちろん私も仕事への情熱といったところでは負けていませんよ。

中山

長谷部課長が個人的に大切にされていることはありますか?

長谷部

そうですね。皆さんのチャレンジしたい、という気持ちを最大限サポートすることです。

中山

確かに、手を挙げれば大体のことは支援してもらえるので助かってます。

長谷部

良かったです。新富商事では店舗幹部になるまでは特に資格が必要になることはありません。 ですが、日商簿記やそのほかの国家資格を取得したいという方がいれば全面的にバックアップする体制があります。 その根底には皆さんが今後どこで働くにしても、通用する人財であって欲しい、という想いがあるのです。

Theme 05.

中山

雰囲気としては明るい職場だと思います。 良い雰囲気の中で、ある程度のびのびやらせてもらってますね(笑)

長谷部

私も会話が弾む、にぎやかな職場だと思います。 実は以前は経理部、営業部、経営戦略部が壁で仕切られていたのですが、 オフィスを改装して壁を取り払った結果、全員の顔がみえてオープンな雰囲気になりました。

中山

そうですね。改装後はコミュニケーションもより取りやすくなったと思います。 全体的に顔が効く分、仲間同士の仲も良いんじゃないですかね?

長谷部

定期的に全員でお酒を飲みに行ったりもしますしね。 普段から仲が良いのに、そういった場でしか聞かれない本音がさらに出てくる、というのがまた面白いです。 仕事以外の面では皆さんそれぞれ家族との時間も大切にできる環境かなと思いますね。

中山

はい。私は仕事を離れると1人で過ごすことが多いですかね。 もともと1人の時間が好きなこともあって、それを尊重してくれる空気管で助かってます。(笑)

長谷部

私は社員数人でボランティアに行ったこともありました。 普段とは違った経験のなかでも、みんなで何かを達成する喜びを得て それがまた仕事でのチームワークの良さや活気につながっています。